読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:tigerace1943:20130612195822j:plain

   ドイツ軍Ⅱ号戦車           

f:id:tigerace1943:20130609134405j:plain

こどものころ、お金がなくてあきらめたけど、少し、大人になって、経済的余裕もでき、夢を成就させたとは、よく聞く話である。ところが、ぼくの場合は、大人になって欲しくなったものがそのころ買えなくて、かなりオッサンになってから、夢を成就させたものがある。

ぼくには、第2次世界大戦のドイツ軍フィギュアをコレクションする趣味がある。

大きさは6分の1サイズで兵隊なら、約30cm。ビーグル(軍事車両)なども、6分の1である。

たとえば、タイガー戦車なら、おおまかにタタミ一畳分のスペースが必要となってくる。

ぼくには、そういう趣味がある。

あれは14年前、アメリカ軍軽戦車M5スチュアートをホビーショップで見た。高いし、アメリカ軍だしと思って、正直欲しかったが、買うのをあきらめた。

そうこうしている間に、時は流れ、大手メーカーからドイツ軍のⅡ号戦車が発売された。それは、今、ローボードの上に乗っけてある。ドイツ軍の収集家とはいえ、アメリカ軍兵士やジープは持っていたので、むくむくと14年前のことが、頭をもたげてきたのである。

「ドイツ軍にも、敵はいる」

「あの戦車が、ほしい」。

ところが、13年前にメーカーは倒産。日本国内のショップには1台も売っていないことも分かった。

「ないとわかれば、尚ほしい」。

それで、アメリカに情報網を持つ、ホビーショップに依頼して、アメリカ全土を探してもらったら、ボストンで1台だけ、新古車が見つかった。

で、予算的に、空輸は無理。そんでもって、船便で、どんぶらこどんぶらこと、3ヶ月前後をかけて

黒船は、ジパングを目指している最中である。