読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:tigerace1943:20130718073115j:plain

昨夜も、暑かった。

熱帯夜だった。

しかし、まだ完全に風邪が治っていないのか、クーラーを入れると寒く、扇風機では暑く感じて眠れなかった。部屋を、真っ暗にした。

すると、突然に、なんの脈絡もなく、ほんと突然に、随分と昔に解散したグループSPEEDの「熱帯夜」という歌が、頭の中で、聴こえだした♪ ダメみたい~ I wanna be with you~ ♪

あれ、俺、この歌、歌ったことなんかないのに、どうして知ってるんだ?

♪ Every time~ 愛を私に~ ♪

まるで、頭の中にコンポが入っていて、CDが止まらない感じだ。

嫌いな曲ではないので、聴き入っていたが、ちっとも、眠りはやっては来なかった。

やっては来なかったが、頭の中の歌は、音量が小さくなった。

眠ることを諦めた時、歌は完全に止まった。

暗闇の中で、ぼくは、亡き友と話し始めた。

昔から、ぼくには、そんな奇妙な癖があるのだ。

(SPEED「熱帯夜」作詞・作曲・伊秩弘将