読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:tigerace1943:20130728075254j:plain

秋の終わりだったか、冬のはじまりだったか・・・・・・。

初恋だったかもしれない。

いや、でも、その前に桜田淳子がいたから、そうではなかったかもしれない。

真行寺君枝・・・資生堂キャンペーン「ゆれる、まなざし」。

このひとには、ノックアウトされた。

ぼくは、何も知らない、ただのおくての高校生だった。

真行寺君枝の文字通り、おとなびた妖艶なそのまなざしにイカれてしまったのである。

たばこをくゆらす男がいて、その男の気持ちを弄ぶような真行寺君枝が交互に映る。

バックには小椋佳の「揺れるまなざし」が流れる。

たった15秒のCMでも、しっかりとドラマになっていて感嘆したものだ。

彼女が「ゆれる、まなざし」を卒業して、他のファッション誌にでるようになっても、ぼくは、しばらく、彼女の追っかけを、つづけていた。