読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:tigerace1943:20130729074704j:plain

あの人は、まだ、漫画を描いているのか?

それとも、歯科技工士に戻ってしまったのか?

伊藤潤二は恐怖漫画で、一時代を築いた人である。

恐怖漫画の巨匠・楳図かずおをも、ある意味、超えてたと個人的には思う。

富江シリーズ」「うずまき」など映像化された作品はもとより、その他の作品集に収められている作品にこそ、伊藤潤二の真骨頂があるといってもいい。

数ある作品から、ひとつ選べといわれれば、ぼくは「首吊り気球」を挙げるだろう。

奇抜で、独創的すぎる物語構成には、度肝を抜かれる。

そういう作品が多い。

この暑い夏、ゾッとした納涼感を得たい人は、是非、手にとってみて下さい。