読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:tigerace1943:20140302102051j:plain

忘れたくないTVドラマがある。

昔話にしたくないTVドラマがある。

たとえば「NIGHT  HEAD」はどうだろう。

1992年10月8日から1993年3月18日までフジテレビ系で全21話がSF特撮テレビドラマとして深夜枠で放映された。

超能力を持つ兄弟の過酷な運命を描きカルト的な人気を得た。

豊川悦司武田真治の出世作だ。

人間の脳は30パーセントしか使われておらず、残りの70パーセントの部分をナイトヘッドと呼ぶらしい。このドラマは「世にも奇妙な物語」の『常識酒場』『トラブル・カフェ』のスピンオフだ。

第一話は『常識酒場』がそのまま流用された。

兄の霧原直人豊川悦司)はサイコキネシスの持ち主で、怒りや極度の興奮状態にあるとき、物を破壊したりする能力を持つ。弟の霧原直也武田真治リーディング能力の持ち主で、人の肌に触れるだけでその人物の考えていることや、過去、未来が見えてしまう。

しかし、従来の超能力物と一線を画してるところは、超能力を、あくまで否定的に捉えられているところだ。「こんな力さえなければ、普通に暮らせたのに」という・・・・・・・。

「超能力を持ってしまった意味」を深く考えさせられる。

原則的に一話完結で、シリアスかつ斬新な手法が用いられていた。

特に『悪夢』『触発』は印象的だ。

ぼくにとっては、忘れられない作品のひとつだが・・・・・・。