読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:tigerace1943:20140305083617j:plain

東京の杉並区を中心に周辺の図書館、書店の「アンネの日記」が破かれるという事件が発生している。「アンネの日記」ばかりか、アンネ・フランクに関する書籍や日本のシンドラー杉原千畝氏の文献まで、被害に遭っている。

このままでは、イスラエルとの国際問題に発展しかねない懸念がある。

アンネの日記」はオランダでの過酷な逃亡生活ユダヤ強制収容所での生活が、少女の視線で克明に描かれている、ナチス・ドイツを糾弾する第1級の資料でもある。

また、ナチス・ドイツによって150万人のユダヤのこどもたちが殺害されたが、その命の叫びの代弁書ともいえるのである。

人によっては青春のバイブルともなっている書籍なのである。

犯人は何奴か?

反ユダヤ主義の人間か?

そもそも単独犯なのか、複数犯なのか?

図書館や書店での犯行なら、防犯カメラもあるだろうに、まだ、警察は犯人を特定できていないのだろうか。

犯人は思想背景はともかく、刑法第261条器物損壊罪3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料という、結構軽い刑罰なのだ。

しかしながら、このブログが発表される頃には、犯人が逮捕されていてほしい。