読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:tigerace1943:20140524104946j:plain

                         「おろち」

昔から、楳図かずお漫画が好きだった。

姉の買ってきた少女フレンドなどを、こっそりと読んでいた。

ママがこわい」「赤んぼ少女」「ミイラ先生」などはこの時代だ。

そのまた上の姉は「平凡」を買っていたから、それも、ぼくは読んでいた。

すこし、成年向きに画風も変えていたように思う。

イアラ」「恐怖」「」などにそれぞれ収録されている短編作品がこの時代だ。

ざっくりとだが・・・・・。

ぼくが小学校のとき、少年キングに「猫目小僧」、少年サンデーに「おろち」が連載を開始した。ぼくは、この「おろち」という少女に、淡い恋心を抱いていた。

この「おろち」という少女は、何百年も生き続け、あるときはお手伝いさんとして、あるときは看護師として、あるときは女学生として人生を見つめ続ける。

後年には「わたしは真悟」「神の左手悪魔の右手」など秀作を発表している。

楳図かずおは、今はペンを折っている。

ここ何年も、漫画を発表していない。

若手編集者に「手というのは、こうやって描くのですよ!こうやって!」と恫喝され、怒りのあまり描かなくなったという説もあるが、ぼくが思うには、持病の腱鞘炎の悪化ではないかと思う。

楳図かずおは、今、まことちゃんハウスで、なにを想っているのだろうか。