読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

 

f:id:tigerace1943:20140813071347j:plain

 (救出されるK・Kさん)

f:id:tigerace1943:20140812211224j:plain

(墜落現場。バラバラになった機体、翼にJALという文字が読み取れる)

 

墜落の夏」という言葉が頭をよぎる。

日航ジャンボ機123便が御巣鷹山に墜落してから、29年、つまり、30回目の夏が訪れた。

日航ジャンボ機123便は羽田発ー伊丹着の航空機だ。

お盆休みで、乗客も定員一杯だった。

お盆の帰省客だけでなく、歌手の坂本九や、名もなき企業戦士も搭乗していた。

ぼくと仕事上のお付き合いがあったRKB毎日放送のAさんも搭乗していた。

今も羽田→伊丹便は、ぼくの住宅の真上がその航路になるらしく、太陽を背に受けた航空機が通過する際、機体の影で、一瞬、家中が真っ暗になることがある。

あの日も、今年の夏のように暑かった。ぼくはコピーライターの卵で、会社は、お盆休みの初日で、家でゴロリと横になっていた。阪神タイガースが優勝し、結婚の前の年だったから、よく憶えている。

羽田から伊丹なら1時間もあれば到着するが、数時間経っても到着せず、TVでは大騒ぎになっていた。ぼくも、TVに釘付けになっていた。

未明に群馬県御巣鷹山に墜落していることが判明。

大捜索の中、乗員乗客524人のうち、4人の生存が奇跡的に確認された。

少女、母娘、CA。皆、女性ばかりだ。

520人が死亡。ほとんど、人の形をとどめていなかった。

手だけとか、顎だけとか・・・・・・。

航空事故史上、最大最悪の大惨事となった。

余談だが、この墜落事故は、のちに映画化された。「クライマーズ・ハイ」と「沈まぬ太陽」だ。

クライマーズ・ハイ」は新聞記者の目から大惨事を見つめたもので、新聞社同士のトクダネの奪い合いなどが描かれているが、緊迫感はある。

沈まぬ太陽」は加害者としての日本航空を描いており、体育館に数百の柩がずらりと整然と並べられたシーンは胸に迫るものがあった。

ぼくは、あの大惨事の日から飛行機恐怖症となった。

あんなに重い鉄の塊が空を飛ぶこと自体、おかしいのだと思うようになった。

だから、新婚旅行も、詩、エッセイの授賞式も、みんな電車

 

御巣鷹山の墜落事故で犠牲になられた、すべての方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。