読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:tigerace1943:20160923164418j:plain

きのう、雨の大阪で「君と歩いた青春」コンサートが催された。

毎年、大阪城ホールで、ことしで8回目になる。

伊勢正三を中心にイルカ、大田裕美、尾崎亜美杉田二郎がレギュラー。

盛り立て役の南こうせつは、今回は他のイベントに(森山良子の方かな~?)。

スペシャルゲストに小椋佳とチューリップのボーカル姫野達也

もちろん、メインゲストは小椋佳だ。

サプライズで天才ギタリストの押尾コータローの登場があった。

ぼくとて、皆出席とはいかないが、毎年、この日を楽しみにしている。

でもね、歌う歌が、ほぼ固定されてしまったような印象は否めない。

ソロであったり、コラボであったり、編曲を変えてなんてこともあったり、趣向は凝らしてはいるが。まあ、好きな歌ばかりだから、何度でも聴けるけどね。

伊勢正三・「海岸通」「なごり雪」「22才の別れ」「置手紙」「海風」「雨の物語」「ささやかなこの人生」。

イルカ・「なごり雪」「まあるいいのち」「雨の物語」。

大田裕美・「木綿のハンカチーフ」「九月の雨」「君と歩いた青春」

尾崎亜美・「オリビアを聴きながら」「天使のウィンク」。

杉田二郎・「戦争を知らない子供たち」他。

ぼくの記憶では、レギュラー陣はこんな感じ。でも、もっと、歌ったかも知れない。

押尾コータローナッシュビルチューニングのギターで伊勢正三と「22才の別れ」。

姫野達也・「銀の指輪」「千鳥橋渋滞」(曲名に自信がない)「心の旅」。ほんとうは御大の財津和夫が来てほしかったが・・・・・。

そして

小椋佳・「シクラメンのかほり」「しおさいの詩」「ゆれるまなざし」「白い一日」「少しはわたしに愛をください」「歓送の歌」「愛燦燦」

まわりの観客は、ぼくよりもひとまわり以上歳を重ねている。みんな、それぞれの「あの頃」に帰っているような、やさしい表情をしていた。

とりわけ、小椋佳のステージは印象深かった。

やっぱり、このひとの日本語は「美しい」。再認識した。

しおさいの詩」では不覚にも、涙がこぼれてしまった。

青春の痛みというか、なんというか・・・・・・。

やや、マンネリ化・・・・・これはタイトルが「君と歩いた青春」だから、おのずと歌う曲も決まってくるのだが、年に一度のおおきなイベントだもの、許せちゃう。

その日は、たとえ、つかの間であっても、「あの頃」に帰れるのだから。