読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:tigerace1943:20170309093622j:plain

今はシルバー文鳥のメロディだが、こどものころ、さくら文鳥を育てたことがある。

文鳥がほしい!」と父に懇願したのだと思う。

ヒナのときから、なにからなにまで、小学生のぼくが文鳥の世話をした。名前はコロスケと命名した。とにかく、可愛かった。いうまでもなく、家族の一員だった。

高校3年になるころまで、生きてくれたかなあ。

厳然たる「いのちのおしまい」を、ぼくは体験した。

「いのちのおしまい」は今以て、創作活動の、もっといえば、人生のライフワークとして重く背負い込んでいる。

季節的には、ちょうど、今ごろだったと思う。

詩作するにあたって、時間軸は当然、変えてある。

 

    文鳥のコロスケ

 

コロスケが

死んだ

 

ピッピッと

苦しそうに

二回鳴いて

小さく

はばたいて

 

わたしが

小学五年になった

まだ 寒かった

春の一日に

 

コロスケが

死んだ

 

かみさまが

いねむりしている

そのあいだに

 

        第一詩集「新選組になればよかった」収録。