f:id:tigerace1943:20170422071350j:plain

                                   

                                          抱きしめたいのは

       

      

 

    髪に 白いものも

 目立ち始めて

 きみと駆け抜けた

 日々を 深く想う

 

 でも ほんとうに

 今 逢いたくて

 力いっぱい

 抱きしめたいのは

 青春のすべてをかけて

 ただ ひたむきに

 きみを 愛していた

 あの頃のぼくでは

 なかったかと

 

 

昨日の産経新聞・朝の詩に掲載された。

一般論として、小説はフィクションを前提として読まれ、詩は事実を前提に

読まれる傾向があるようだ。

以前にも書いたが、ぼくの詩はすべて「創作」だ。新聞のインタビューにそ

の記事が載って、応援してくださっていた読者の方から「〇〇さん(ぼくのこと)はわたしたちを騙していたのですか!?」と多くの声が産経の編集部に寄せられたことがある。けれど、方針を変える気はさらさらない。多くの作り事の中に、ちょこっと「ほんとう」を書く。事実をそのまま書くわけではない。

今回の朝の詩は、ずいぶんと青臭い言葉を連ねてみた。

でも、ぼくの本質に限りなく近い詩のように思う。