f:id:tigerace1943:20170526081109j:plain

 

              散歩道

 むかしね
 ぼくは わんこだった

 憶えてるよ
 草の匂い 風の音
 散歩の道順まで

 この堤防の散歩道を
 やさしい飼い主と見た
 沈みゆく夕陽も

 十七年わんこで生きた
 遠い むかしの
 身の上話だけどね

 

昨日の産経新聞・朝の詩にぼくの詩が掲載された。

不覚にも、ひとに教えられて、知った。

きのうの早朝から、なにが哀しいのか涙がとまらず

気分障害抑うつ障害が顕著で、食欲もなく、会社を休んで

朝一番で、お世話になっているクリニックに駆け込んだ。

診察室に入るや否や、「きょう、載っていましたね」と

女性ドクターは明るく笑顔を投げかけてくる。

ほんとうに、なんのことかわからず、首をかしげていると

「きょうの詩は、〇〇さんにしか書けない世界観ですね」といって

、はじめて産経新聞に掲載されているのだ、とそのとき初めて

理解した。しんどかったけれど、すこし、こころが暖かくなった。

「2,3日休養して、詩を書いていればいいんですよ。それが〇〇さん

の使命なのだから」という女性ドクターの言葉も、前向きな気持ちを

取り戻させてくれた。

ぼくが、実際にわんこを育てていたのは、小学生の時。

ドッグフードなんてなかった。ごはんに魚の骨やかつおぶしをまぜて

お醤油を少々という感じ。

べそかきの、頼りない飼い主で、ほんと、ごめんね。