f:id:tigerace1943:20171225161454j:plain

 

            プラットホームで

 

線路をはさんだ

向かいの

プラットホームに

なつかしい人が

立っている

 

何本もの快速列車が

ふたりのあいだを

通り過ぎていったが

 

ただ じっと

見つめ合っている

 

微笑むでもなく

 

手を振るでもなく

 

 

ずいぶんと、お休みしてしまった。

2ヶ月ぶりの更新である。

まず、パソコンが壊れた。修理に出しているその間に家電店で、富士通のデスクトップのパソコンと運命的な出会いがあってプリンターといっしょに、購入してしまった。

完全復帰してきたパソコンも、思い入れのあるものなので、手放すには忍びなく、妻に譲った。でも、新しいパソコンの助成金と言って5万円で引き取ってくれた。

12月に入って、日常生活を送れないほど、からだを壊してしまった。季節的に、冷え込んでくると、ここ何年か同じようにつらい目に遭っている。

診断書をだして、繁忙期中の会社を休んでいる。

これは、仕方がないと、割り切っている、自分では。

割り切ってくれないのは、いつでも他人だ。はっきり言えば、大多数の会社の人間だ。

きょうは、からだが、なぜか軽い。それで、ブログを再開しようと思った。

主治医の許可は出ている

寒いから、寒い詩。雪だから、雪の詩だけは避けようと思って「プラットホームで」という詩を掲載させていただいた。