f:id:tigerace1943:20180120165007j:plain

 

                                 泣く

 

泣く

 

きみに抱かれて

泣く

 

仕事するだけの

いちにちがあるように

 

ただ

泣くだけの

いちにちがあっていい

 

 

朝、横になりながら、TVで小室哲哉の引退会見を観ていた。

90年代、日本の音楽シーンを席巻していた天才だ。

顔が疲れ切っていた。

そういえば、KEIKOは「くも膜下出血」で倒れたんだっけ。

命は取り止めたが、後遺症が残って、小学校4年くらいの女の子

に戻ってしまって、自分自身も疲れていると語っていたなあ。

不倫疑惑とかなんとかいっているけれど、小室哲哉って、ものすごく

センシティブに見えるから、男性機能も働いていないというのも本当だと思えるし、

よく告白する勇気があったなあと感心している。

そういえば、ぼく自身も、実は「くも膜下出血」で大切な人をなくしている。

そこそこ若い頃と、ずいぶんと若い頃に。

先輩の女流作家と、独身時代の女ともだち。

やぶ医者には「風邪」だと診断され、救急車で運ばれたときには、彼女たちの

命はもう、戻ることはなかった。

あの世で、また会えるのか、未来永劫の別離の厳然たる瞬間だったか。

TVを観ていて、昔のことを、ちょっと想い出した。