f:id:tigerace1943:20180222151312j:plain

                                               

 

                                           海をみつめて

      

  冬の日本海
  演歌っぽく荒れている
  
  灰色の空の下
  実らぬ恋を
  叶わぬ夢を
  かなしみの欠片(かけら)を
  旅人たちが
  ここに
  捨ててゆくから

  海は いっそう
  悲痛な 叫び声を
  あげて 荒れている

 

 

 

 

今月半ばの産経新聞朝の詩に掲載された。

掲載日、その一日は、うれしい気持ちというか

ささやかな幸福感が心の状態を、なんとか安定させてくれる。

まず、サンリオ「詩とメルヘン」の仲間たちが集まるサイトに書き込んで

下さって、詩作の猛者たちが、保護者目線でコメントくれて

背中を押してくれるし、検索すれば必ず複数件みつかる見知らぬ読者さんの感想。

たいていが、しっかりと、こころに届いていることを確認できて安堵する。

外に出れば、近所のおっちゃん、おばちゃん、郵便局長さん、酒屋を営む連合会長さんまでが「新聞観たで」「また、載っとったなあ」などといって祝福してくれる。

「そんな大袈裟な」とは思うけれど、照れ笑いでごまかしている。

140文字という制約された文字数では、ちょっとした心情的な吐露やメッセージ、日常的な風景を切り取ることはむずかしくいないが、「ドラマ」を作り上げるのは

容易くはない。だが、朝の詩にかぎっていえば、敢えて「ドラマ性」を意識して

書いていきたいとは思っている。この詩の最後は「荒れ狂う」で締めたかったが新聞なので「狂う」はNGだ。