f:id:tigerace1943:20180729125459p:plain

  

殺人的な夏のひかり。命に関わる酷暑を、何日か乗り切って、ある朝目覚めると、

呼吸がなんだかおかしかった。

空気を吸っても吸っても、空気が足りなくて、苦しんだ。

過呼吸の発作が、しばらくぶりに出て、ビニール袋に息を吸ったり、吐いた

りしているうちに収まったが、もう、きょうは仕事どころではないというく

らいの不安障害に見舞われた。あわててクリニックで診てもらった。ドクター

は、「今月はまだ、産経新聞に詩が載りませんね。」と暢気なことを言って、

2週間の自宅安静の診断書を書いてくれた。安静にしていても、気力が湧か

なくて、薬も効いているようで、効いていないようで。

中島みゆきのコンサートが、今年も行われないことを知り、輪を掛けて

ガックリときた。でも、椎名林檎が秋に大阪城ホールでコンサートをやる

ことがわかり、すこし、新鮮な気分になって、抽選だが、チケットを申し込んだ。

さて、夏から晩秋に掛けて、詩の文学賞の応募がある。いい知れない不安感と

共存して、作品に取り掛からなければならない。

その準備段階として、短歌とは呼べないかもしれないが、詩の素のようなものを

短歌風に書いてみた。

前2回の短歌発表が、好評だったので、三度、図に乗って。

                   

                        君と行く 夏の終わりの バカンスは

                                                               超大型 台風近し

 

                        梅雨の蝉 啼くこともなく 命尽き

                                               亡骸の眼は 夏を見つめて

 

                       気がつくと 若葉が萌える 窓の外 

                                                 息たえだえの 母の手をとる

 

                      優しさと 親切の意味 違うのと

                                   はじめて気づく きみと別れて

 

                     火葬場の 煙目で追い 天に問う 

                                                     命のかたち 次は何かと