読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:tigerace1943:20160804204704j:plain

                                      俳人・尾崎放哉・おざきほうさい)

 

「咳をしても一人」

 

あまりにも有名な放哉の俳句である。

このひとはこの俳句を残すために、この世に生まれてきたのではないかと信じてしまえるほど、この句は凄い。

この短いセンテンスから、リアリティのある部屋の空間、空気の透明感、救いようのない静寂感がとり肌が立つほどに伝わってくる。

ぼくは、高校のとき、この句を授業で知って、椅子から落っこちそうになったほどだ。

放哉は五・七・五の定形型の俳句ではなく、自由律と呼ばれる文字数などの捉われない俳句を好んで書いた。種田山頭火などもおなじである。

この句もまた、ぼくの創作の原点のひとつである。