f:id:tigerace1943:20170622091540j:plain

どうも、最近、気力がない。何をするにも、億劫な気分がつきまとう。暑さのせいだけではなく、持病が根源にあるというのは、自分自身が、いちばんよくわかっている。

なかなかブログを更新できないのも、仕事を終えて、家に帰るとシャワーと夕食で、もう、バタンキュウー状態だからだ。たしかに、からだも疲弊しているが、気持の部分のほうが大半を占めている。8時半にはお布団の中だ。自身の不甲斐なさを、申し訳なく思っている。

創作は、なんとか日曜日に、時間を決めて書いている。そう、その、このあいだの日曜日、ある女性から一本の電話があった。どこかで、聞き覚えのある声だが、名前が出てこない。「わたしよ」と名前を名乗られ、冗談ではなく、ぼくは、その場でひっくり返った。誠に申し訳ないが、もう、すでに、お亡くなりになられたと思っていたので。

すこぶる元気な、生命力溢れる声だった。その女性は、10年前に癌を宣告され、詩の出来については、お互い、言いたいことをズケズケ突っ込んでいくタイプなので、病状に悪かろうと、メールも辞めた。最後に連絡があったのは、ホスピスからのはがきだったので、ここ数年は、もう、お亡くなりになったに違いない。もう、この世のひとではないのだと思い込むようになっていた。しかし、電話の主は、間違いなくご本人で、ホスピスは、元気すぎるので、追い出されたという。たしかに、症状は、すこしづつでも進行しているのかもしれないが、当時、ドクターが告げた余命の年数は、とうのむかしに越しているという。甘酒を豆乳で割って飲むと、点滴を打ったくらいの効果があるので、ぼくにも、実践したほうがいいと、逆にアドバイスしていただく始末。

今夏の、詩の文学賞にも、応募されるとの由。相手にとって、不足はない。強敵ではあるが、ぼくの背中を推してくれる。

紹介させていただく詩は、このような出来事を予期して書いたわけではない。

ただ、医者の診断がすべてであるとは、今もむかしも思っていない。

 

      余命

 

余命三ヶ月と

宣告された

ともだちは

担当医師の

手を振り払って

翌日 強引に

退院していった

 

五年が経った

ある日の午後

はがきが舞い込んだ

 

「おれは生きている」

 

ともだちからの

便りだった

 

 

 

            第四詩集「」収録

詩集にご興味のある方↓

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AB%E3%81%8E%E3%82%84%E3%81%8B%E3%81%AA%E9%A3%9F%E5%8D%93-%E6%B8%85%EF%A8%91%E9%80%B2%E4%B8%80%E8%A9%A9%E9%9B%86-%E6%B8%85%EF%A8%91-%E9%80%B2%E4%B8%80/dp/4860003136/ref=pd_rhf_gw_p_img_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=9KJEEDY0RR7T3XRRY3P3

f:id:tigerace1943:20170526081109j:plain

 

              散歩道

 むかしね
 ぼくは わんこだった

 憶えてるよ
 草の匂い 風の音
 散歩の道順まで

 この堤防の散歩道を
 やさしい飼い主と見た
 沈みゆく夕陽も

 十七年わんこで生きた
 遠い むかしの
 身の上話だけどね

 

昨日の産経新聞・朝の詩にぼくの詩が掲載された。

不覚にも、ひとに教えられて、知った。

きのうの早朝から、なにが哀しいのか涙がとまらず

気分障害抑うつ障害が顕著で、食欲もなく、会社を休んで

朝一番で、お世話になっているクリニックに駆け込んだ。

診察室に入るや否や、「きょう、載っていましたね」と

女性ドクターは明るく笑顔を投げかけてくる。

ほんとうに、なんのことかわからず、首をかしげていると

「きょうの詩は、〇〇さんにしか書けない世界観ですね」といって

、はじめて産経新聞に掲載されているのだ、とそのとき初めて

理解した。しんどかったけれど、すこし、こころが暖かくなった。

「2,3日休養して、詩を書いていればいいんですよ。それが〇〇さん

の使命なのだから」という女性ドクターの言葉も、前向きな気持ちを

取り戻させてくれた。

ぼくが、実際にわんこを育てていたのは、小学生の時。

ドッグフードなんてなかった。ごはんに魚の骨やかつおぶしをまぜて

お醤油を少々という感じ。

べそかきの、頼りない飼い主で、ほんと、ごめんね。

 

f:id:tigerace1943:20170506150749j:plain

早くも、五月。詩の発表がつづいているが、きょうも、

掲載させていただきたい。季節感のある作品もたくさん

あるのだが、せっかく、村山精二さんの評していただけている

作品があったので、それを紹介させていただく。

以前にも、記しているが、村山精二さんのもとには、1日に

少なくとも複数冊の 詩誌や詩集が恵贈される。

1日に、何十何百という詩篇のなかから、村山さんの感性で

選んでいただいて、感想を述べてくださっていた。

村山精二さんに取り上げられた作品は、ある種の重みと深みを

帯びて付加価値がついた。平たくいえば「箔」のようなもの。

それだけ、この世界では、影響力のあるひとだ。

この作品は詩集にも収められているが、取り上げてくださったのは

文芸誌・金澤文学に発表したときのものだ。

 

 

        傷    


  

   中学一年生のとき
だった

   チビだという理由だけで
   よく いじめられた

   ある日の 昼休み
   「おい、売店でパンを買ってこいよ」
   と ひとりの生徒がぼくに命令した

   「自分で行ってよ」

   と断ったぼくに

   すかさず
   鉄拳が飛んできた

   額に三針縫う大怪我をした

   後日 教師に連れられて
   殴った生徒が家まで詫びに来た

   
   温和しい母は

   ひと言だけいった

   「死んでしまいなさい!」

   と 

   翌日から その生徒は
   登校してこなくなった・・・

   おとなになった今でも 時折 

   人差し指で
   傷跡を指でなぞってみる

   この傷が 消えることはない

   あのときの生徒が負った
   傷も
   

   母が負った
   傷もまた

 

これは辛い詩ですね。「『死んでしまいなさい』/と 冷たく言い放った」、「いつもは 温和しい母」が一番傷ついたと思うのですが、その気持ちがよく判るだけに辛い。何かもっと別の言葉があったでしょうが、おそらく母親としての正直な気持ちでしょう。
 「ぼく」も「母」も「あのときの生徒」も、そうやって人間は傷ついて生きていくしかないのかと改めて思います。それを認めた上で、改めて出発するしかないのでしょうね。人間の深い業を考えさせられた作品です。(村山精二)

 

                  f:id:tigerace1943:20150504052444g:plain

 

 

これも、村山精二さんに評していただいた作品。

第2詩集「眠れない時代」に収録されている。

季節的にも、いいかなって思って。          

 

               びん        

          鬼瓦の敏ちゃん 

 

鬼瓦の敏ちゃんは そのあだ名のとおり
ギョロリと睨まれただけでも
大のおとなが お漏らししてしまうほど
強烈な いかつい面構えをしていたが
実のところ 本当に気の毒なほど
気の弱い チンピラだった

ある時 弁天様の彫り物を
胸に入れようとしたのはいいが
あまりの激痛に耐えかねて
途中で ほっぽりだしてしまったと聞いた時
ぼくは一日中 家の中で笑い転げていた

ヤクザ失格の烙印を押されて
組事務所を追い出された鬼瓦の敏ちゃんを
次に見たのは 高校の近くの工事現場で
慣れない手つきで つるはしを
振りかざしているところだった

ぼくと 年端も違わないような若造に
顎でこき使われながら ペコペコと
頭を下げている鬼瓦の敏ちゃんの
ランニングシャツから見え隠れする
中途半端な弁天様がひどく哀しかった

だけど そんな鬼瓦の敏ちゃんの
唯一の自慢はといえば
とびっきり かわいいお嫁さんをもらったことで
ふたり仲良く 手をつなぎながら
コンビニあたりで
買い物している姿を
ぼくは 何度も目撃している

そうして

桜の花びらが散って 緑の風が吹いた
ある日の朝 長屋造りのいちばん端っこの
鬼瓦の敏ちゃんの住まいの玄関先に
ちっちゃな ちっちゃな
こいのぼりが 立った

「ほんのり甘くて、ホッとして、そして何がしかの哀愁を感じさせる詩集です。第2詩集とのことですが、おそらく第1詩集から純粋な視座が続いているのだろうと思います。紹介した作品は「鬼瓦の敏ちゃん」という人間が良く描けていますね。「気の弱い チンピラ」を見ている「ぼく」の視線もあたたかで、これは著者の生来のものでしょう。
まだ40代の、将来が楽しみな詩人の作品を味わってみてください。」(村山精二)

 

 

   

f:id:tigerace1943:20170422071350j:plain

                                   

                                          抱きしめたいのは

       

      

 

    髪に 白いものも

 目立ち始めて

 きみと駆け抜けた

 日々を 深く想う

 

 でも ほんとうに

 今 逢いたくて

 力いっぱい

 抱きしめたいのは

 青春のすべてをかけて

 ただ ひたむきに

 きみを 愛していた

 あの頃のぼくでは

 なかったかと

 

 

昨日の産経新聞・朝の詩に掲載された。

一般論として、小説はフィクションを前提として読まれ、詩は事実を前提に

読まれる傾向があるようだ。

以前にも書いたが、ぼくの詩はすべて「創作」だ。新聞のインタビューにそ

の記事が載って、応援してくださっていた読者の方から「〇〇さん(ぼくのこと)はわたしたちを騙していたのですか!?」と多くの声が産経の編集部に寄せられたことがある。けれど、方針を変える気はさらさらない。多くの作り事の中に、ちょこっと「ほんとう」を書く。事実をそのまま書くわけではない。

今回の朝の詩は、ずいぶんと青臭い言葉を連ねてみた。

でも、ぼくの本質に限りなく近い詩のように思う。

 

f:id:tigerace1943:20170419101458j:plain

 

                          眠れない時代    

   

      ここ数日 わけもなく
   眠れない日が
   つづいていて
   心療内科を訪ねたが
   からだには
   別段 異状はないという

   まるい眼鏡をかけた
   ボサボサ頭の医師は
   「こんな荒廃した社会で
   枕を高くして眠れる人の方が
   余程 どうかしているのですよ」と
   小さく笑ったが ぼくには
   何の慰めにもなりはしない

   最後に医師は
   「眠れない時代なんです」と
   ぽつりといった
   そして 夜がきた
   「一度 試してください」といって
   処方してもらった薬の効果も
   あくびを一度しただけで
   絶望的な深い深い闇の森の中で
   ぼくは ぶざまにも
   何度も 寝返りを打って
   もがき苦しんだ

   ひつじの数も
   一七五八匹から先が
   わからなくなってしまった

   気分を変えて読みはじめた
   難しい小説も ぼくを眠りの世界へと
   誘ってはくれなかった

   午前二時を過ぎたころ
   眠ることをあきらめて
   この世に たった
   ひとりきりで生かされているような
   心細さで 息をひそめて
   ベッドのシーツに
   ぴったり耳をくっつけると

   今夜も また
   地球の裏側で
   だれかが 泣いている

                 第二詩集「眠れない時代」収録。

 

村山精二さんという、詩壇界の大先輩がいる。おそらく日本で

発刊された詩誌、詩集の大半が、彼の元に届くようになっている。

そのせいか、ぼくの詩集が発刊されるたびに、ぼくではなく、出版社が

彼のところに献本している。

村山氏は「ごまめのはぎしり」というサイトを運営されていて

献本された詩誌、詩集について、大変詳しく解説されていて

時に、気に入った作品の感想を載せていらっしゃる。

ただ、2011,3,11以降、一時、サイトを閉鎖されている。

のちに、再開されるが、蔵書の記録のみで、個別の作品についての

感想等は述べられていない。

ありがたいことに、ぼく自身、彼の援護射撃を幾度も受けている。

 

これも、そのひとつ。
「今夜も また/地球の裏側で/だれかが 泣いている」時代は、

心ある人には「眠れない時代」なのかもしれません。「ボサボサ頭

の医師」が言ったという「こんな荒廃した社会で/枕を高くして眠

れる人の方が/余程 どうかしているのですよ」という言葉に象徴

されるように「絶望的な深い深い闇の森」の時代なのかもしれませ

んね。そこを感じ取る作者の感性が光る作品だと思いました。

                          (村山精二)


 

f:id:tigerace1943:20170416091751j:plain

ブラック企業と悪徳産業医、結託!」

「悪魔の復職阻害プログラム!」

産業医のクビ切りサイドビジネス!」

 今頃になって、このような重大問題が表面化してきたことに、驚きを禁じえない。

ずっと、昔からあったのに。とはいえ、まあ、一部の弁護士でも悪名高い就業

支援委員会の闇の部分に一石を投じてくれたことは、有意義なことである。現在、係争中の労働裁判の判決にも影響を与えるだろうし、労働者にとっては、朗報といえる。何しろ、問題は、復職できる労働者をクビに追い込もうという死活問題に関わる、重大

なものだからね。

会社は、休職者、ことメンタルヘルス罹患社員に対しては、不当に牙を向

けてくる。

会社と産業医が結託して、復職しようという社員に対し、休職満了日まで

「就労不可」「診断」を連発し、退職へと追い込むのがやつらの常套手段。

ブラック企業の実態!クソヤブ産業医錬金術これって、りっぱな犯罪

だもんな。

ぼくなら、会社関係者もヤブ産業医も、豚箱にぶち込んでやる!!!!!

莫大な慰謝料を支払わせてやる!!!!!!

長い会社人生、だれだって、身も心も休めなくてはならないときがある。

自分は大丈夫と思っていても、愛する者の喪失がきっかけでうつ病を発症

するかもしれないではないか。明日はわが身ということで、考えていただきたい。

以下は、弁護士ドットコムの記事。

企業と組んで、不当な解雇に手を貸す「ブラック産業医」が問題になっ

ているとして、労働問題に取り組む弁護士らが4月13日、厚生労働省に申し

入れを行った。

50人以上の労働者がいる事業場は、産業医を選任しなくてはならない。産業

医の仕事の1つに、職場復帰の支援があるが、従業員の復職を認めず、休職期

間満了で退職に追い込む「クビ切りビジネス」に手を染める者もいるという。

●短時間の面接、主治医の意見聞かずに診断

神奈川県の団体職員だった女性Aさん(43)は、団体内のパワハラやいじめに

悩まされ、うつ病を発症。2014年5月に休職した。体調が回復したので、主治

医の診断書を添えて復職を申し出たが、団体は復職を認めなかった。産業医

Aさんの復職を否とする意見書を出したからだ。Aさんは2015年6月、休職期間

満了で退職扱いされた。

この産業医はAさんと30分の面談を1回しただけ。主治医への問い合わせは一度

もなく、心理検査もしないで、「統合失調症」「混合性人格障害」など、Aさん

がこれまで一度も受けたことのない病名をつけたという。

この産業医から同じような形で、復帰を阻まれ、退職を余儀なくされた人たちは

Aさんも含め、少なくとも3人。うち1人は別の企業の社員だった。3人はいずれも

現在、裁判で退職無効を訴えている。

●「お金を出してくれる企業に迎合せず診断できるのか?」

「この産業医は精神科の臨床経験がない、内科の専門医です。にもかかわらず、

主治医の話も聞かず、不合理な診断を下していました」。そう話すのは、Aさん

の代理人で今回の申し入れを行った、北神英典弁護士。北神弁護士によると、

師であれば専門にかかわらず、50時間程度の講習を受けるだけで、産業医の認定

を受けられるという。

産業医は10社、20社と掛け持ちすれば、高額な報酬を受けることができます。

お金を出してくれる企業に迎合せず、診断を出すことができるのでしょうか。現

状は、本人の良心に委ねられているだけで、産業医の中立性、専門性を担保する

制度が存在しません」(北神弁護士)

そこで北神弁護士らが求めたのは、次の3点。

(1)復職の可否について、産業医と主治医の判断が異なる場合、産業医が主治医

に十分な意見聴取を行うことを法令で義務化すること、(2)法令による産業医

対する懲戒制度の創設、(3)メンタルが原因による休職の場合、精神科専門医で

ない産業医が復職の可否を判断できないようにすること。

「従業員が裁判を起こして引っ繰り返すことはできるかもしれないが、時間もお金

もかかる。本人のメンタルも参ってしまう。きっちりとした制度を作ってほしい」

(北神弁護士)』

               弁護士ドットコムニュース編集部記事より転載