f:id:tigerace1943:20180619085233j:plain

フォークグループのかぐや姫が解散した1975年、ぼくは中学生だった。

TVから布施明が歌うシクラメンのかほりが流れてきたとき、感動で胸が止まりそうになった。全身に鳥肌が立った。

シクラメン」って何だろう?「かおり」でも「かをり」でもなく「かほり」というの何だかとっても新鮮だった。

サビの部分で、布施明がギターをかき鳴らし、髪を振り乱して歌うのもかっこよかった。何よりも、歌詞が、メロディーが、あらたなニューミュージックの時代の到来を予感させるものだった。

余談になるが、作詞家の阿久悠が著書で「この歌の詞は、本来は自分が書くべきものだった」と先を越されたことを、酷く悔いていた。

で、間もなく、小椋佳が日本のミュージックシーンを席巻することになる。

しおさいの詩」をはじめ、「揺れるまなざし」俺たちの旅「モク拾いは海へ」は好きだが、まだ、世に出ていなかった頃の作品はより純文学的である。

さて、この春頃だったかTVの「徹子の部屋」に小椋佳がでていて、自分は今以て音符が書けないと告白していた。まず、詩を書いて鼻歌でメロディーをつけ、自分で歌っているところを、カセットテープ(当時)に録音し音符をおこしてくれる「採譜屋」に渡すのだという。そうすると、鼻歌が音符になって戻ってくるということで、驚いた。鼻歌でも作曲になるんだと。それも、りっぱな。(今では、そういうアプリもあるみたいだが)。

サザンの桑田佳祐も音符が読めくて原坊が、音符にしていたとか、井上陽水も音符は苦手だと、若い頃、耳にしたことがある。

徹子の部屋」でも種をばらしているのだが、布施明に提供した「シクラメンのかほり」と自分が歌う「シクラメンのかほり」は、ちょっと違う。

歌うアーティストが違うから、多少、歌い方などで、違ったように感じる・・・ということでもない。聴き比べて、明らかに違うことが分かる。

小椋佳からすれば、故意に区別化したのではなく、「シクラメンのかほり」は数パターンできていて、どれを布施明に提供したのかわからなくなって、偶然そうなってしまったと告白している。

音譜が読めなくても(書けなくても)、偉大な楽曲は生まれることは、素敵なことだ。

まあ、才能があるからできることだろうけれど。

 

f:id:tigerace1943:20180614133104j:plain

                                            

             寝顔

  眠れない夜は
  傍らの きみの寝顔を
  見ていよう

  スヤスヤと
  ちいさな寝息を
  たてている
  きみの寝顔を

  カーテンの
  隙間から
  朝の光が降り注ぐまで
  ぼくは 飽くことなく
  寝顔を見ていよう

 

 

精神状態も最悪にあった、おとといの朝。産経新聞に載せてもらった詩。

その日も、早朝の5時過ぎからテレビをつけていて、在阪テレビ局の「す・またん」という

番組を観ていた。番組の冒頭に朝刊全紙の一面ニュースを解説してくれるので、産経新聞

カメラが寄ったとき、朝の詩をチェックするのだが、たまたまその日、ぼくの作品だった。

産経さんに関しては、ひと月に2篇書くのだが、載せてもらえるなら、もうひとつの「雨を聴く」

という作品だろうと、勝手に思い込んでいた。そちらのほうがドラマ性があるし、作品としての

完成度も高いと思ってたからだ。それに、季節的なものも加えると「雨を聴く」かなっと。

でも、実際は「寝顔」が採用された。新川和江の思惑もあったのだろう。先生には感謝している。

読んでくださった感想等を見てみると「傍らのきみ」を「こども」と解釈して読んでいてくれて

「ほっこり感」を味わってくださったようだ。

思ったよりも、評価が高かった。

そのようなこともあり、頓服を飲んでも改善しなかった精神状態の悪化は、お昼前には、収まってくれていた。

f:id:tigerace1943:20180530093250j:plain


ふとした瞬間、どうしても「あの歌」が聴きたいと思うことがある。

突発的にである。
まず、アマゾンや楽天などでCDを探してみるが、見つからない。
古いLPなので、編集されて、タイトルも変えられてBEST版的
なCDに生まれ変わってる可能性もある。調べていくと「オールタイムベスト」

というCDが出ていて「こんなに遠くまで来てしまった」
に収録されていたローリング・ストーンズは来なかった』は収録さ
れているけれど『一瞬の夏』は、他のどのCDにも存在しない。
聴けないとわかれば、なお聴きたくなってくる。
西島三重子・・・・・といえば、「ああ、『池上線』の」と、
たいていの場合、
そのような返事が返ってくる。たしかに、彼女の代表曲のひとつ
でもあるし彼女を世に送り出した楽曲でもあるだろう。

J-POP界も、まだまだ混沌としていた時代で、演歌歌手と間違われたこともある。

世間的には、それほど彼女の曲は、ぼくが思うよりも認知度が低かったかもしれない。

西島三重子「池上線」という固定観念は、簡単には融解しない時代だった。
しかし、アルバムの中にこそ、真の名曲があることを、
ファンは知っている。
今、どうしても西島三重子の世界に浸りたい。幸いにもLPは持っていたので、
意を決して押し入れの奥から引っ張り出した。3時間かかった。
レコードプレーヤーにアンプを繋げた。超アナログの世界。
「こんなに遠くまで来てしまった」は西島三重子がワーナー
イオニアからテイチクというレコード会社に移籍して第一弾の
「青春の痛み」が詰まった珠玉のアルバム。なかでも前述した
ローリング・ストーンズは来なかった」「一瞬の夏」
は若さと生きることの本質に迫った作品で、胸に突き刺さるものがある。

LPレコードのキズはひどかったけれど
ぼくの生き方に影響を与えてくれた、1984年制作の忘れられない一枚である。

因みに、当時のぼくの胸を突き抜けた各曲のフレーズをご紹介しておく。

『絶対にあいつら来るわけないさ すねたようにジンを飲んでたっけ

ちぎった前売り券 川に捨てたわね

Rolling Stonesは来なかった』

                                                      「ローリング・ストーンズは来なかった」

『恋人よ眩しくきらめいて 一瞬にすぎてゆく夏

死ぬつもりで目を閉じれば もう生きることが始まっている』「一瞬の夏」

                                    (両作共に作詞・門谷憲二 / 作曲・西島三重子)

ブルマァク ブリキ 電動リモコン歩行 ゴジラ 当時物_1
          ブリキの怪獣
            

  今でもブリキの怪獣は
  電池さえ入れ替えれば
  ちゃんと動くのだ
  こどもの時 百貨店で
  ごねまくって
  泣き叫んで安月給の
  父に買ってもらった
  銭湯が十五円の時代
  二千円の買い物は
  痛手だっただろう
  ブリキの怪獣は
  亡き父への郷愁を
  代弁するように切ない
  雄叫びをあげている

今朝の産経新聞「朝の詩」(新川和江・選)に掲載された。

また、レトロな詩を書いちゃった!

今の若い子が、どのような言葉を使うのか、好むのとかは、結構、研究しているつもり。

ただ、寄り添うことはあっても、媚びることはない。

分からないなら、分からないでいいし、知らないなら、知らないでいい。

かといって、じじばば狙いで書くということもない。

ただ、自分が書きたいと思ったものを書いている。

無論、新聞なので、使えない言葉も、書けない事案もいっぱいある。

父とは、この世で、たった26年間の付き合いだったことに、今更ながら、驚きを禁じ得ない。

父には、零戦パイロットや幽霊となって、酒飲みの赤ら顔の親父、あるいはサイパンで戦った兵士として、ぼくの作品によく登場してもらった。もちろん、ぼくが、そういう父親のキャラを作り上げるのだが、よく当たった。

しかし、この「ブリキの怪獣」の父親は実像に近い。

競馬場帰りに、阪神百貨店に寄る。馬券が当たれば、大食堂でご馳走してくれたし、ちょっとしたおもちゃは買ってくれた。

あるとき、おもちゃ売り場にブルマァクというメーカーからブリキ製のリモコンでのしのしと歩く怪獣が販売された。バラゴンもあったのだけれど、ゴジラがほしくてたまらなかった。

下世話な話だけど、状態が良ければ、マニアや業者の間では50万円以上で取引されている。

さて、先ほど「父親のキャラを作り上げた」と、さも自分の創造力の手柄のように書いたけれど、それは、違う。父親自体が、常にそのようなものを、醸し出してくれていたからだ。なんの取り柄もなさそうな息子にと父親が、ぼくに、与えてくれていたのだ。

 

 

                                            

f:id:tigerace1943:20180409070837j:plain

この映画の原題は「THE POST」である。

ところが邦題は「ペンタゴン・ペーパーズ~最高機密文書~」。というように制作サイドの意図と興行サイドの思惑は、常に一致しているとは限らない。この作品がそうだというわけではない。まあ、この議論は別の機会に譲るとする。

まず、監督がスピルバーグで、主演がメリル・ストリープトム・ハンクスと聞けば

「これは、観なければ」という一種の使命感に駆られる。

まだ、公開中なので詳しくは記事化出来ない。

ペンタゴン・ペーパーズ」と呼ばれる文章は、正式には「ベトナムにおける政策決定の歴史~1945年から1968年~」というニクソン大統領の時にまとめられた政府の膨大なページ数の非公開文書である。

アメリカによるインドシナ半島への介入、共産主義の拡散防止、ベトナム民族自決権の否定などが読み取れる。

そのためのベトナム戦争への参戦、敗戦が色濃くなっても、多くのアメリカの若者をベトナムに送り続け、多くの血が流れた。

しかし、この映画の主題は、あくまで、「報道はどうあるべきか」である。

最初に機密文書を入手し報道したNYタイムズ紙は裁判所から業務停止命令を喰らってる。

その機密文書をワシントンポストも入手した。

情報源が同じことから、報道した場合、罪はより重くなる。

刑務所送りになっても、会社が潰れても、機密文書を報道すべきがどうか・・・・。

朝刊の印刷の締め切りが刻々迫ってくる。ワシントンポストのトップの判断は?

映画の中盤あたりから、緊迫感が劇場を支配する。メリル・ストリープトム・ハンクスも上手いんだなあ、魅せるんだなあ。

そして、裁判所はどのような判決を下すのか。

まあ、いかにもアメリカンムービー的な結末ではあるが。

お薦めの映画だが、ある程度、時代背景を勉強してから観た方が、絶対にいいよ。

f:id:tigerace1943:20180404082245j:plain

気がつくと、新年度が始まっている。

TVの画面で、入社式に臨む若者の、希望に満ちた初々しい姿が映し出され、自分にも

こういうときがあったんだなあと、感傷的になってしまった。

今では、サイレントマジョリティにもノイジーマイノリティにも属することなく、反骨精神剥き出しの人生を送っている。

本当に日々の流れは速くて、一週間が一日のように感じる。この一ヶ月は今月中の復職を目指して、日常生活に適応できるように、主治医の指示通り、リハビリに励んできた。その一環で、妻と映画鑑賞をしてきた。無論、主治医の許可は出ている。

「ウィストン・チャーチルヒトラーから世界を救った男~」。

おい!日本の配給会社。『ヒトラーから世界を救った男』なんて、嘘書くんじゃないよ!ぼくが根っからのドイツ軍オタクであることを差し引いても、この嘘はひどいなあ・・・と訝る。誇大広告だよ。まあ、世界はおろか、ヨーロッパさえ救えたとは言えないのではないか。

でも、映画そのものは、よかった。首相就任からダンケルクの戦いまでの4週間を描いているだけなのだが、主演のゲイリー・オールドマンの熱演が光りまくっている。

ヒトラーと和平するのか、徹底抗戦か・・・リーダーとしての苦悩や決断の難しさをチャーチルになりきって、演じている。

歴史的には、このつつきが拙ブログでも、ご紹介したクリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」ということになる。もう、DVDもレンタルされているので、時間軸は逆になるが、「ダンケルク」を観てから劇場に足を運ばれることをお薦めする。

f:id:tigerace1943:20180404082032j:plain

さて、もうひとつの見所は今作でメイクアップ・ヘアスタイリング部門でオスカーを手にした辻一弘氏の神業ともいえる、特殊メイク技術の精巧さ。

f:id:tigerace1943:20180404082637j:plain

写真左が、普段のゲイリー・オールドマン。いうまでもないが、写真右が辻一弘氏の特殊メイクで変身したチャーチル役のゲイリー・オールドマン

ゲイリー・オールドマンにこの映画のオファーがあったとき、彼はMr.TSUJIがメイクを担当しなければ自分は、この役を断らざるを得ないと明言したそうだ。

このとき、辻一弘は、映画の世界から距離を置いていたが、名優・ゲイリー・オールドマンからの熱烈なリクエストでハリウッドに復帰した。

それだけでも、なんだかいい話。

淀川長治水野晴郎にも、観てほしかったなあ。 

             

f:id:tigerace1943:20180306222452j:plain

             

             北の空
       

  バッテリーが上がり
  車を降りて ふたり
  公衆電話を求めて
  凍てつく道を歩いた

  祝福も花束もない
  行き当たりばったりの
  車での新婚旅行中の
  アクシデント

  北の空は 重い鉛色で
  体の震えは限界で
  でも 君は呟いた
  あたし 幸せだからと

 

3月に入った途端、近畿地方春一番が吹いた。春一番と呼ぶには、いささか荒っぽい暴風雨って感じだったけれど。雷なんかも鳴っていたし。

昨日かおとといも、列島は局地的な春の嵐が吹き荒れたようだ。

来週になると20℃を超える日が続くらしい。しかし、まだ、寒暖の差が激しくて体調が完璧とはいかない。

そんなある日、ローカルな通信社ではあるが信頼のおけるプレスから、取材の申し出があった。エリアは限られるが、ぼくに関する記事を発信してくれるらしい。

平たくいうと、こんな身近なところに30年以上も詩を書いているひとがいますよ・・・

ってことを周知してくれる。

主治医からは許可が出ている。取材は2時間に及んだ。

「普通の言葉と、詩の違いは何ですか?」と訊いてくる。

「かなしいことをかなしいとは、だれでも書けますよね。しいていえば、かなしいことをかなしいといわないでかなしさを伝えることではないでしょうか」とぼくは、えらく

最もらしいことをいってしまった。

ぼくだって作品に、ストレートに「かなしい」ことを「かなしい」と書くことは何度もある。

取材が終わって、写真を何枚も撮られた。詩集を持たされて「もっと、笑ってください」とリクエストされた。告白するが、ぼくは、「笑い顔」が最も苦手なのだ。

自分の笑い顔など見たくもないのだ。ぼくほど、笑顔が似合わない人間もめずらしいかもしれない。

なんとか、ぎこちない笑顔を作ってOKが出た。

その翌日には、産経新聞朝の詩に拙作が掲載された。

昭和を書いた。かなり、ぎゅうぎゅうに言葉を詰め込んだ。

公衆電話を書いた。

でなければ、話が成立しない。

公衆電話なんて、見たこともないというひともいるだろう。

それはそれでいい。

どうせ、最先端のスマホだって、おそかれはやかれ、過去の産物になる。

古めかしいセンスのない代物になる。

時代が、すべてを淘汰していく。